ビッケブランカ

夕暮れのYUMESHIMA STAGEに挑む! ビッケブランカの全力ステージ

8/5 SUNYUMESHIMA STAGE

出番前にエレファントカシマシ、後ろにはUVERworldが控えるというベテラン勢に挟まれ、YUMESHIMA STAGEに登場するのは、今年で2連続出演となるビッケブランカだ。ステージは違うと言えど並の心臓の持ち主では尻込みするであろうこのニクい運命のシチュエーションに、ビッケブランカは彼自身も絶大な信頼を寄せるビッケブランカバンドの面々と総力戦を仕掛ける。センターに立った彼は、差し込む夕陽に目を細めながら会場を見渡し、陽気な声をあげて始まる『ファビュラス』を投下! マイクを手にステージを自由きままに闊歩しながら、続々と集まってくる観客と一緒に飛び跳ね、「ジャイガの皆さんこんにちは、ビッケブランカですー!」と、ご挨拶。彼の魅力の一つともいえるシャウトをお見舞いした後、間髪入れずにドラムが力強くビートを刻み、心躍る『Moon Ride』へと滑らかにスイッチし、ビッケブランカの世界観を堂々とオーディエンスに見せつけてゆく。

ピアノの前に着いた彼は「さっきのエレカシさんにガツンとやられてしまいました」と、素直な気持ちを吐露。そんな彼の表情と会場をオレンジ色の淡い光が包んでゆく中、ほてった身体が少しでも休まるようにと今月8日に発売される“ひと夏の夢”をテーマにした新曲『夏の夢』がお披露目される。さっきまでのアッパーチューンから一転、ビッケの優しさと憂いを含んだ歌声にギターの切なくも美しい音色が重なり、一気にアーバンな空気が流れ出す。ギターソロになるとメンバー全員に自然と笑顔がこぼれるシーンも嬉しい、贅沢な時間のプレゼントとなった。

そして、MAISHIMA STAGE前に集まるオーディエンスや後方エリアにも手を振りながら「皆さん準備はいいんでしょうか? ついてきてもらえるんでしょうか? Are you ready? 1,2,3,4!!!!」と『Slave of Love』のイントロが高らかに鳴らされる。溢れんばかりのビッケの魅力に厚みのあるコーラスワークが加わり、一際華やかさを増したビッケブランカサウンドが会場の隅々まで響き渡っていった。途中、“No! NoNoNo!”とメロディに合わせて煽る度にオーディエンスの拳が突き上げられ盛り上がったかと思えば、ブレイクターンでビッケが静止。この暑さにやられ疲弊しているのか、それでもまだまだオーディエンスの声が欲しいと言わんばかりの表情なのかが巨大スクリーンにどアップで映り(笑)、沸き起こる笑いと拍手を受け止めながら、曲終わりはいつものピアノマンらしく締めくくる。ラストを飾る最高のポップソング『ウララ』で夕凪が気持ちいい会場と一体になり、ビッケブランカの姿をしっかりと焼き付ける見事な全力ステージで幕を閉じた。

Writer:松川沙織、Photo:森好弘