WEST GIGANTIC CITYLAND 2017 ジャイガ

ビッケブランカ

新たなレジェンド誕生なるか!? 全てを凌駕するビッケブランカの世界が炸裂

8/6 SUNSUPERNOVA STAGE

夕陽がステージに影を落とし始めたSUPERNOVAステージに降り立つのは、魅惑のファルセットボイスの持ち主・ビッケブランカ!

今回はサポートメンバーに井手上誠(g)、大澤 DD 拓海(b)、佐野康夫(ds)、にしのえみ(key)を迎え参戦。SEが流れる中、膨れ上がる高揚感をさらに超えんばかりの迫力で叩き上げるドラムソロに呼び込まれ、虹色のパラソルを手にしたビッケブランカが登場。おどけて軽快にステージを闊歩し、瞬く間に『Moon Ride』でトップギアを入れる。もはやおなじみとなったビッケブランカの独特なステップを踏みながら縦横無尽に動き回り、彼が「OSAKA〜!」とシャウトしたかと思えば、今度は井手上が後頭部にギターを回し白熱のソロを惜しみなく披露! 1曲目からめまぐるしく繰り広げられる目の前の光景に、息をするのも忘れてしまうほど。最後には空高くビッケブランカのシャウトが鳴り響き、最高のファーストインパクトを与えた。

息つく暇もなくベースがうねると、踊らずにはいられない『Take me Take out』でさらにヒートアップ!ファルセットと低音をまるでジェットコースターのように行き来するメロディーを難なく歌い上げ、自身の鍵盤ソロを披露するとそのまま本来のピアノマン・ビッケブランカの姿に戻り、その本領を発揮する。この時点で遠目で観ていたであろうオーディエンスが続々とステージ前に集まり、誰一人残さず巻き込んでいく彼の表情は、少年のようにキラキラと輝いていた。

「(出番前に出演していた)岡村靖幸さんも平井堅さんもずっと観てた。平井堅さんなんかずっとハモッてた(笑)。感動しました!」

と、見事なハモリパートを披露し拍手をもらったかと思えば、

「この後も斉藤和義さん、久保田利伸さんが出演されますが、レジェンドボーカル4人に続く男性シンガーになろうと思ってます! どうぞ忘れないでねー!!」と自信たっぷりの宣言を放ち、彼の真骨頂とも言える『Slave of Love』が放たれる。再びマイクを手に取るとコール&レスポンスで観客と一体になったかと思えば、巻き起こる拍手を操りながらブレイクに持ち込み、超絶技巧で流れ込むようなピアノソロで視線を釘付けにする見事なパフォーマンスには感服せざるをえない。

あっという間に訪れたラスト曲『ファビュラス』で、これでもかというぐらい贅沢なゴールデンタイムがプレゼントされる。会場には沈む夕陽が優しく差し込み、まるでこの時間を祝福しているかのよう。「またここに戻ってこられるように頑張ります! 忘れんといてねぇ〜!」と、最後にはオフマイクで感謝の気持ちを伝え、ビッケブランカのステージは終了。

フレディ・マーキュリーやミーカへのオマージュを本人も公言しているが、こんなにも堂々かつ誰もが到達することができない領域にまで落とし込まれていると、全てを通り越して清々しい気持ちになる。ビッケブランカにしか生み出せない珠玉の楽曲群は、この先もっと多くの人の心に届いていくだろう。是非、あなたも新たなレジェンドの誕生に立ち会ってほしい。

Writer 松川沙織、Photo HOSHINA OGAWA

 


INFORMATION ・・・
キョードーインフォメーション  
0570-200-888
  (10:00~18:00)





facebook      twitter      instagram

(C) WEST GIGANTIC CITYLAND  All Copyrights Reserved.