WEST GIGANTIC CITYLAND 2017 ジャイガ

平井堅

音楽の歌声のすごさを目の当たりに…。誰もが息を飲んだ圧巻の30分!

8/6 SUNGIGANTIC STAGE

西日のなか、姿を現したその手には大きな花束が。そして花束を手にしたまま『ノンフィクション』から。「人生は苦痛ですか?」「何のため生きてますか?」と、優しさも強さもある歌声にのせて次々に問いを投げかける。目を閉じて天を仰ぎ歌う姿は圧倒的な存在感。誰もがじっ耳を傾ける。

そんなどこか厳粛さも感じるなか、次にイスに座って歌い始めたのは『魔法って言っていいかな?』。日々を切り取りつつも、センチメンタルでドラマティックなナンバーに観客は相変わらず動きをとめたまま。だがその場から立ち去る人は誰もいない。圧倒的な曲のパワーに飲み込まれている。

こんな静かなスタートだがMCは別。“野外・太陽・フェスがまったく似合わない”という自虐ネタで観客を笑顔にすると、さらに「最も太陽に似合わない曲を(笑)」と、『even if』へ。このせつない片思いの歌はピアノの音色と一つになって夜のムードを漂わせながら静かに心に流れ込む。アカペラパートで声だけが会場に広がっていく様子は、今日一の静かな時かもしれない。さらに次もサビのアカペラからの『KISS OF LIFE』。今度は会場の手拍子が声と一体になって一つの音楽を作り出す。

しかし彼の魅力は多面体。それの最たるものが『POP STAR』だ。なんとMVに出演した2体の着ぐるみも登場し、3人(?)で息の合ったダンスも! またキラキラポップチューンに軽やかなボーカルをのせながら、あちこちに向かって指差しの大サービス。まさにポップスターだ!

…が、最後はピアノで弾き語る『LIFE is…』で再びきつく胸を締め付ける。彼の言葉と心にダイレクトに響くくもりのない歌声が生み出す深い深い世界にもう一度潜って、余韻たっぷりにライブは終了した。

Writer 服田昌子、Photo 森 好弘


INFORMATION ・・・
キョードーインフォメーション  
0570-200-888
  (10:00~18:00)





facebook      twitter      instagram

(C) WEST GIGANTIC CITYLAND  All Copyrights Reserved.